ヨガ的パワーナップの、”ヨガニードラ(YOGA NIDRA)”

シャバアサナで身体を冷やさないでね!

やりかたは、瞑想したり、ゆるめにヨガのポーズを行ったりしてから、仮眠をするというもの。個人的にはゆるめに太陽礼拝などで身体の中のエネルギーを循環させて発散させてからのほうが、よりリラックスできるような気がします。

具体的には・・・。

  1. ゆるめの太陽礼拝ポーズを3セット行います。
    あくまで呼吸を中心にして、自律神経を整えます。
  2. マットの上に横になります。
    そして、心の中で27から順に小さい数字のほうに数えていきます。27, 26, 25, 24, 23 ・・・・というように、ゆっくりと。そのカウントのどこかで、眠りの淵に落ちていくでしょう。

『眠りの淵』というと、本当に寝入ってしまうようにも聞こえるのですが(寝ても構わないのですが)、呼吸に意識を集中させて呼吸の数を数えていくことで、深い眠りにおちるところで、潜在意識のほうへ引き戻す力があるらしいのです。そして潜在意識に働きかけて、深いリラックス状態を引き出すといわれています。

このいわゆる『数息観』という訓練をしていくことで、呼吸が規則的になって呼吸の数も減少し、リラックスするときの脳内波のアルファ(α)波が増加し、心を集中&安定させる働きがあるメンタルトレーニングになるとも、琉球大学の中村教授の研究結果(139)でも指摘されています。

このパワーナップをするときの注意事項ですが。

仮眠が30分以上にならないことが大切です。そのため、横になる前に枕元にタイマーをセットしましょう。時間は、15分間、とか20分間と試してみると、ここちよくすっきりと意識がもどる時間をみつけることができますよ。

そして、仮眠になるので、身体が冷える恐れがあります。身体にタオルケットやヨガタオルなどをかけて、思わぬ風邪などひかれませんようパワーナップを行ってくださいね!