今回は、おなじみの流派”ハタヨガ”と、比較的新しいスタイルの”イシュタヨガ”に注目します。

蓮の花
ハタヨガ、イシュタヨガでは、どんなマットがふさわしいのでしょうか。

5.ハタヨガ

一番身近で広い意味で「ヨガのポーズ」を呼吸法とともに練習する方法をがハタヨガです。ハタヨガの”HATHA”( ハタ )は、サンスクリット語でいう「ハ( ha )=太陽」と「タ( tha )=月」、太陽と月を意味していて、太陽である陽(Yang)と陰(Ying)の両面を併せ持つっています。このハタヨガからアイアンガーヨガやアシュタンガヨガや陰ヨガなどへ枝分かれした大本のヨガになるんですね。そんなハタヨガの練習では、アクティブ(動)な”陽”のヨガと静の”陰”のヨガ両面で問題なく使える、『ハーモニープロフェッショナル』がぴったりです。

jadeハーモニー

6. イシュタヨガ

ニューヨーク生まれのヨガスタイル。AlanFinger(アラン・フィンガー)氏がクリヤヨガタントラ哲学ラヤヨガシバナンダヨガを実践したのち体系化した流派なので、それぞれの流派の持ち味が活きているスタイルをとっています。個人個人がもつ、身体の違いやこころの状態の違いによりそう練習法をとるイシュタヨガでは、グリップ力もしっかり効きつつクッション性もある『ハーモニープロフェッショナル』がおススメです。

もうお気づきですよね。ハタヨガでもイシュタでも、ハーモニーがおススメです。
逆にいうと、ジェイドヨガのハーモニープロフェッショナルは流派に左右されずに使える万能マット。ハタヨガからスタートして、たとえイシュタヨガやアシュタンガヨガを並行して学び始めても、支障なく使い続けることができるマットがハーモニープロフェッショナルの強みです。

ヨギーには一本持っていて損はないヨガマット、それがハーモニープロフェッショナルとも言えますよ!

こちらもぜひ参照ください

jadeハーモニー

 

次回は、陰ヨガとホットヨガにぴったりのヨガマットの選び方をご紹介します。お楽しみに!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!