どうにも顔が”ムズムズ”して不快

花粉症皮膚炎

最近目にカユミが少し出始め、頭痛と身体のダルさもやってきていたので、花粉が飛び始めてるかなぁとは感じていたのですが。何日か前より、どうにも顔がむず痒くて仕方ないのです。髪の毛が顔に触れるところがムズムズさわさわする。乾燥がひどかったこの冬の影響もあるのかも、と保湿ケアを頑張ってはみたければど、さわさわ感は治らず。次第に肌をゲジゲジが這っているような感が強まっていたある日のこと。

むむむ。。『花粉症皮膚炎』?

先日ある雑誌を読んでいたら、『花粉症皮膚炎』という症状に悩む人が増えているらしいのです。いわゆる花粉症の症状の一種で、皮膚に異常がでるもので、2つの種類があるらしいのです。その1つには”赤み”や”かぶれ”がでるタイプで、もう1つが赤みなどが出ない代わりに、わたしのように肌がひどく過敏になってしまうタイプ。どちらも原因が花粉で、花粉が肌に触れないようにすることが一番の予防策のようです。

症状が出てしまったら

症状がひどければ皮膚科の診断が必要でしょうし、そこまでひどくないときでもできるだけ早いうちに、敏感肌用の刺激の低い化粧品に切り替えることや、肌バリアが弱まった肌をできるだけ花粉に晒さないこと(マスクをかけるとか、サンブロック、ファンデーションでカバーするなども良いらしい)、こすったりといった刺激を与えないことが大切だそうです。。クレンジングなども擦らないでゆるやかにメイクオフできるタイプが理想ですね。

フムフムと思いながらふと「洗顔後のタオルドライは“JADEマイクロファイバーヨガハンドタオル”づかいにしたら、良いんじゃないか?」と思いついたのです。

2001807_JHandTowel

敏感肌には、オーガニックコットンなどの天然素材のタオルが良いかなと思いつつも、擦らないで水滴をやさしくドライオフに使うという面では、この“JADEマイクロファイバーヨガハンドタオル”が正解でした。水滴のついた肌にタオルで優しく抑えると水滴を吸収してくれるので便利ですよ。

今はまだ2月。花粉の時期が落ち着くGWあたりまでは、花粉との共存が時間です。できるだけ花粉を吸いこまず肌に晒さず、で、できるだけ快適に過ごしたいものですね。バリア機能を高めるための食事の見直しや、適度な睡眠休息など、身体のソコアゲも必要でしょう。お互い無理ない程度で頑張りましょう!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!