突然ですが、焼きうどんは醤油で味付けする派ですか?

それとも、ソースでの味付けですか?

うまうま焼うどん

我が家では、しょうゆ派です。
とはいえ一般的に “焼うどん” というと『ソース』を使うことが多いのではないでしょうか?
でも意外や意外!しょうゆの焼うどん、美味しいんですよ。我が家では、月に2度くらいのペースで、焼うどんをつくっています。

具材には、キャベツと玉ねぎともやしをたっぷり使います。それからシイタケや桜えびも加え、しょうゆで薄めに味付け。桜えびがコクを加えて良い味に仕上げてくれるんです。

桜えび

さらに盛り付けたあとには、仕上げに千切りにしたのりをちりばめて、紅生姜をトッピング。薄めにしょうゆで味付けしても、紅生姜が良い感じで味を引き立ててくれるんですね。ちなみに具材には、マクロビをストイックにやっていたときの流れで、今でもお肉は使っていません。

なぜソースは使わないの?

そんなしょうゆ派の我家も、以前はソース派でした。
というのも、ソースは焼うどんの王道ながら、ケチャップ同様に『糖分』が多いんですよね。野菜の甘み以外に『砂糖』をプラスしてまろやかさを出しているんです。美味しくはあるけれど、できるだけお料理には『砂糖』はつかわないようにしていることもあって、しょうゆ派に移行したというワケです。

ソース味の焼うどんは。もっぱらお祭りの出店や外食のときの楽しみにとっておいています。