ヨガの呼吸法で意識したいのが、ここ。

呼吸法

diaphram(ダイアフラム)は、横隔膜です。

ヨガをやる前には、どこにあるものなのかよくわからなかったし、意識することもなかった場所ですが、腹式呼吸のときの”鍵”になるのが、この横隔膜になります。胸腔と腹腔を分ける薄いドーム状の筋板で、腹式呼吸では息を吸い込むときに横隔膜を収縮させながら下の方にひきさげ、おなかをふくらませて。息を吐くときにはおなかをぺったんこにすることで横隔膜の収縮を解放させて、もとの上のほうにもどるという上下運動を行っています。

横隔膜には運動線維と交感神経線維を含んでいることから、ここを上下させることで、副交感神経が優位になるんですね。リラックスさせたいときにはとくに、この横隔膜に意識しながらお腹をぺたんこにしたり膨らませたりする腹式呼吸がベターです。

ちなみに、横隔膜が痙攣しておきるのが、”しゃっくり”です。しゃっくりのときには水を飲んだり息を止めると良い、とか言いますが、むしろ横隔膜をイメージしながら腹式呼吸のうちの『息を吐ききって』息を止めてみる、がベターだと感じています・・。