誤解されやすかったり、相手と分かり合えないとき。

蓮のようにひっそりと

自分をうまく表現できず、人間関係の 悩みに埋没している渦中は、どうしてもその問題に苦しむ自分の目から離れられないものですよね。でもそういうときこそ、客観的に見る目 を持てるかどうかで、その悩みから脱することができるかどうかの大きなカギになるものです。そんな客観的な心を養うことを目標とするのが、今回のポーズ、ダヌラ・アサナ(弓のポーズ)です。

後屈のポーズの代表格!ダヌラ・アサナ

弓のポーズ

のどのあたりの 第5のチャクラ:ヴィシュッダ・チャクラ を開花させるのに効果的なポーズの1つ。

うつぶせから入るこのポーズの仕上げでは、おなかだけが床に ついているように、太ももを床から離して引き揚げ、足をしっかりけり上げて上に引っ張りながら、上体をそらします。なので普段の生活のなかでは、上昇するエネルギーがのどのあたりで途切れてしまうことはよくありますが、このアサナをとることで、おなかから上昇させるエネルギーの力で遮断されたチャクラを開いてデトックスしていく働きがありますよ!

後屈のポーズはどうしてもポーズ中、呼吸が止まりやすいです。でもせっかく体内の毒素を 呼吸もつかって 循環させながら排出させたいので、深~い呼吸をつづけること、忘れないでくださいね!

【参考書籍】
※チャクラバイブル:パトリシア・マーシア
※7つのチャクラ:キャロライン・メイス

Global Yoga Style(グローバル・ヨガ・スタイル)は、ヨガとともに”今”を生きるヨギーを応援しております。