曜日によって、練習するヨガのポーズは変えてますか?

前屈

もっというと、火曜日にはやっちゃいけないヨガのポーズがあることを、ご存じですか?

 

ちょっとドキッしますよね。昔のYOGAYOMUを読み返していたら、ドミニク先生のコラムのなかに

「火星の影響をうける火曜は、新しいアサナを始めないほうが良い」

というような一文を見つけたんです。やっちゃいけないのは『新しいポーズ』のことなんですね。これまで練習したことのあるなじみのあるポーズをやってあげると良いでしょう。

さらには、火曜日のヨガのポーズでもう一つ思い出したことなんですが、OMヨガのシンディ・リー先生も、ビンヤサの流れをくむ”曜日メニューを組んでいるんですね(OM YOGA ~ A Guide to Daily Practice~ )。
そのなかで、”火曜日のヨガのポーズを組むときのちょっとしたコツについても語っているんですが、

『火曜日は、エネルギーが活発になる』

という、やはり、”火曜日は火星のエネルギーを受ける”という、惑星のリズムとわたしたちへの影響の面を受け入れながらのポーズを組んでいるよう。そのなかで、立位(Standing)のポーズを火曜日のシークエンスにたくさん取り入れているようなんです。

スタンディング(立位)シリーズは、ご存じのように『第一チャクラを活性化』させてくれますが、第一チャクラは「人間の根っこ」につながっていて、地球と一番近い位置にあってエネルギーの源泉になっているエリアだけに、理にかなっているなと思っていたところです。

ということで、ヨガのインストラクターさんが火曜日のヨガのポーズを組む時、それからイントラさんじゃなくても日々ポーズを自分なりにアレンジしているヨギーであれば、火曜日はおなじみの多いポーズでしかも!”立位のポーズ”をたっぷり目取り入れて、火星のエネルギーを取り入れながらヨガで心身をいやす、というのがおススメです!

ちなみに、惑星のエネルギーを取り入れていくと、幸運体質になるとも言われていますよ。