ヨガのときにはいつも意識する『姿勢』・・・

いつもの生活の中で、ご自分の『姿勢』をチェックしたのはいつでしたか?

特に背骨への意識の果たす役割はとても大きくて、1つ1つの骨のアライメントを整えるかのように心を向けることで、不思議と背筋がスッと伸びるものです。

深い呼吸を味わうためにも、背筋の伸びは必須!

ジェイドカレンダー5月

例えば2020年5月のジェイドカレンダーの1ショット

ジンバブエ共和国とザンビア共和国の国境に位置するビクトリアの滝を前に、木のポーズでバランスをとるのは、Dani Connollyさん。壮大な滝と森林とのダブルの癒し効果のありそうな、すごい場所ですね。
森林の深い緑には、JADE Tealマットがほんとよく映えます。

ビクトリアの滝から舞い上がり立ち込める水煙が、癒しの粒になって体全体に吸収されていく様を思わずイメージできる1ショットです。
呼吸の深さと、背筋の伸びた姿勢には関連性がありますね。

深く滑らかな呼吸へ

頭のてっぺんは宇宙に向けて気もちよく伸びるように意識していると自然と胸も開くし、おへその辺りにも力が入って、浅い呼吸も少しずつ深く、滑らかに流れるものへとかわっていく・・・。

これはあなたももう体験済の、ヨガの良さの1つですね。

静かに心穏やかに自分を見つめているときの自分が、一番自分らしさを感じる時間になります。
自分を肯定できて、自信が湧き水のように心に流れているのが感じられる瞬間とも言えますね。

ですが・・。
ヨガの時に意識できていた姿勢は、日常生活ではどこまでできているものでしょうか。

新型コロナウィルス感染の脅威が居座っている今日

よほど姿勢の良さが板についている人は別として、ついつい前かがみになっているのではないでしょうか?

かくいう店長は、気づくと猫背になっていることがよくあります。
例えばコロナウィルス関連の、嫌な情報を耳にしているとき。
腰が引けて猫背になっている自分を発見します(涙)。

実は猫背の姿勢は、心の不安を増幅してしまうといわれています。
メンタル面からコロナウィルスに負けてしまうことになるのです。
だからこそ、身体が闘う力を健全に支えてあげるためにも、心の闘う力を下げない工夫がまず必要です。

メンタルをサポートするベースにあるのが『姿勢』

そして『生き抜く姿勢』と言ったら大げさかもしれませんが・・。
でも、背筋を伸ばして軽やかに、そして柔軟に、困難に立ち向かう姿には、凛とした美しさが佇みます。

そんな美しい、でもいい感じに肩の力が良い感じに抜けた『姿勢』こそが、未来を創る。
あるいは未来を変える強さの源泉になっていくのではないか。
そう思えるのです。

たかが姿勢なんですが。
されど姿勢。

ヨガで姿勢を正していることの役割って、思う以上に大きいなと感じている今日この頃です。

はい、今!
猫背になってませんか?(笑)

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!