競技人口は推定で、4億5千万人!

バスケットボール

全世界で競技人口が一番多いスポーツが、バスケットボールだといわれています。

最近では、八村塁選手の活躍が目をひきますよね。
そして、八村選手のような世界に通用する有望な若者が出てくるたびに思うのが「ケガをしないで欲しい」その一言です。

試合でいかに、ピークパフォーマンスを実現させるか?

本番試合で相手に、そして自分に勝つ。そのために日々、筋力や柔軟性UPのトレーニングを重ね、自分の限界をじりじりと押し上げるための努力を惜しまない彼らにとって、ヨガが大きなサポートツールになっているとよく耳にするようになりました。

こうしたスポーツのパフォーマンスを高めるためのヨガを支える一人が、8月のジェイドカレンダーに登場するGwen Lawrence(グウェン・ローレンス)さんです。

Yoga is My Gym (Basketball)

 

ヨガのポーズそのもの、もそうなのでしょうけれども、それよりも興味深いのが、ヨガの動き(シークエンスのプロセスとしての動き)をトレーニングメニューとして使いながら、肩や足首の強化メニューに組み入れられているところが、ポイントですね。

さらには店長的には「ケガ防止のために、滑り止め効果の高いジェイドマットを敷いてよ」ともツッコミを入れたくもなりましたが・・(笑)。アスリートが手軽にヨガをトレーニングとして取り入れられるのなら、それもアリなんでしょうね。

日本でもヨガを通じてアスリートを支えて行こうと『アスリートヨガ』の活動が始まっていますね。アスリートにとって柔軟性向上や睡眠の質の向上をふくめた疲労回復のためのサポートに一役かっているようです。

これからも沢山のアスリートにヨガが活用されることを願ってやみません。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!