西のほうからようやく、梅雨明け宣言がでてきましたね。

しっかりと夏らしい暑さがやってきたのと同時に、早速食欲も今一つ、の店長です(涙)。
そんな食欲が落ちてきたときにとっても使えるのが、『塩トマト』。

塩トマト

トマトを手ごろな大きさに切って、塩をまぶして冷やしただけのものですが・・。
塩と絡めるだけで、トマトの甘さが引き立って、暑さで弱りつつあるからだのブースターに。

レタスを敷いて、トマトサラダとしても使えるこの『塩トマト』ですが。
店長がよく使うのが、そーめんとの組み合わせです。
レモンの絞り汁少々とオリーブオイルと塩トマトをそうめんとからめて、こしょうをふって出来上がり。
あっさりさっぱり!のトマトそうめんの出来上がり。
コクが欲しかったら、ツナ缶をプラスしてもまた美味さ格別です。

或いは。レタスやミョウガ、きゅうりの千切りと『塩トマト』を混ぜて、レモンをぎゅっと絞ってかけ、オリーブオイルをすこし垂らしてそうめんと和えるだけで。
食欲ない日に何か食べなくては・・・なんてときに、かなりおススメです。

リコピンは油と一緒が、吸収力UP!

トマトに入っているリコピンは、抗酸化力の高いβカロチンの一種。
脂溶性なので、油とともに摂取すると吸収性が高まるんだそうな。
オリーブオイルやえごまオイルなどをプラスして食べると、さらに美容効果も期待できますね。

夏の味方のトマト

ミニトマトのほうが、栄養価が高め!?

トマトの栄養素を最大限、取り入れたいときには・・。
同じ100グラムを摂るのであれば、ふつうのトマトよりも、ミニトマトを沢山とるほうがGOODかも。
というのも、トマトの皮により多くのリコピンが含まれていると言われてます。
面積的にも、皮でおおわれている部分が多いほうが、よりたくさんのリコピンが摂れるということになります。

トマトも旬を迎え、お値段もお手頃に。
甘みも栄養価もアップしてますので、ぜひ日々の食卓にどうぞ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!