とうもろこしが店先に並ぶこの時期。

甘くて香ばしいとうもろこしを食す楽しみがやってきました。
シンプルに塩ゆでしたり蒸したものは小腹がすいた時のおやつとしても最高!
お祭りの屋台のように、醤油を塗ってこんがり焼いて食べる『焼きとうもろこし』なんて酒のつまみにぴったり。
でも、それ以上に私も家族も大好きなのがこの『とうもろこしご飯』です。

今年も早速今朝、作って食卓に出したところ、家族の顔がぱっと笑顔に・・・。
この笑顔がうれしくて、料理を作っているんだなぁと改めて実感。
ちょっとしたハッピー感に包まれた朝でした。

コーンご飯

これは、白米2合に押し麦0.25合を混ぜたものに、とうもろこし1本分の粒をどば~っと入れて、芯も入れて炊いたものです。
芯は入れた方が、とうもろこし出汁が効いて、ダンゼン旨みが増します。
水は3合入れたのですが、ご飯がちょっとだけ固めだった気も・・。
とうもろこしの分、きもち多めに水を入れても良かったかなと思いました。
塩も少々加えます。

とうもろこしご飯のグレードアップ策

シンプルにとうもろこしを入れて炊いただけの『とうもろこしご飯』をもう少し、グレードアップしたいとき・・。
0.5合分くらいをもち米に替えて炊くと、もっちり感が上がります。
ふっくら感やツヤ感を出したい時には、酒を少々加えても美味しく仕上がります。

ごま塩をたっぷりふりかけて、召し上がれ!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!