ヨガの指導者(インストラクター)って、どんな人でしょうか?

ヨガのイントラ

ヨガのクラスを指導する人

であることは間違いないと思います。それから指導者の養成コースを修了した人、ヨガのことに詳しい人など、などヨガをすることにかけて『知識と経験の面で、一般のヨギーよりも詳しい人』ということが、まずできます。

『ヨガ・インストラクター』という肩書きをもちながら、レッスンの指導にあたっていると、「ヨガ」のことから「身体」のことなど、”レッスンにかかわることなら、何でも知ってる人”と思われたりしがちです。

が、すべてを知り尽くしているパーフェクトな指導者っていないと言っても過言ではありません。むしろできるイントラさんほど、持っている知識や経験をベースに、レッスンの中で生徒さんの声を聞いたり身体の動きの内なる声に耳を澄ましながら、新たな気づきが起こったり、疑問におもったところを深く学び直しています。そんな繰り返しをいとわない、もっというとそれを楽しんで繰り返しできること、がヨガ指導者としての大切な素質の一つになるのではないでしょうか。

落ち込んだときこそ、初心に帰ろう

ヨガ指導を始めたばかりの新米イントラさんでなくても、時に、生徒さんからの何気ない一言で落ち込んだり、自信を無くしたりすることってあると思うんです。そんなときにこそ、初心に帰ること。そして学ぶことこそが、凹んだ心に勇気を与えてくれます。それがもう一度、生徒さんたちに真摯に向き合いたいと思えるモチベーションに繋がって、スランプを脱する糧に繋がるんですね。

イントラさんは、少し前を歩く人

『生徒さんを指導する』と気負う必要はないんです。それよりも『生徒さんよりも少し前を歩きながら、正しい方向に、導く』ガイドのような役割を担うのがイントラさんだということに立ち返ると、少し楽になります。そして、ガイドするスキルとして大切になってくるのが『解剖学』と『運動生理学』の分野になります。

アサナごと、解剖学からの深いアプローチ

解剖学からそれぞれのアサナを学び直したいときにおススメなのが、“アシュタンガ・ヨーガ 実践と探求” という本です。この本は主にアシュタンガヨガを実践されている方にお読みいただいていることが多いのですが、この本がもし、「アシュタンガヨガ実践ヨギーだけの本」だとすると、あまりにもったいない話なのです。

アシュタンガ・ヨーガ 実践と探究

他の流派のヨガ指導者の方にも、かなり使える本

たとえば、ヨガの一番の基本、且つ、なしでは語れないのが『サマスティティ』ですよね。
このサマスティティについて、足の指から足の裏、大腿骨の扱い方や、各脊椎のはなし、などなど、『何をどう動かすと、どこがどう反応して、ほしい身体のパーツの位置の変化を、どうやったら作れるか』が、図入りですごくわかりやすく記されているんです。

それから、ヨガのアサナを理解する上でも、よくトピックとして挙がる『脊柱起立筋』のような、普通の解剖学の本では、ヨガ的に詳しい説明がな不十分なパーツについても、ちゃんとカバーしてあるのは、さすが!です。

詳しい身体のパーツにも詳しくなって、生徒さんが安心してついていける、頼れるヨガの指導者になるための書籍ともいえる、“アシュタンガ・ヨーガ 実践と探求” は、Global Yoga Styleでお求めいただけます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたのヨガ指導スキルのパワーUP!を応援しています!