先週末はゆっくり読書

いつも何冊か、いろんなジャンルの本を並行して読んでいるのですが、今読んでいる本の1つが、石田ゆり子さんのエッセイ”Lily”です。

石田ゆり子さんのLily

脅威のアラフィフといえば・・

最近ときどき会う友人が、好きな本として紹介してくれてから彼女の本を読むようになったのですが、石田ゆり子さんの飾らない自然な生きざまや強さ、優しさに触れるたびに、今では好きな女優さんの1人に。透明感のある美しさを携えた彼女のアラフィフ力には、脅威すら感じ得ません・・・(笑)。

女の子らし過ぎるから、遠い存在

同世代の女優さんである石田ゆり子さんには、実はこれまではなんとなく距離を感じていました。それは多分、彼女の可愛すぎる印象にあったのだと思うんです。自分にはないあの透明感のあるかわいさをもっているが故のジェラシー、だったのかもしれません・・(汗)。高嶺の花感のある女性かと勝手に思い込んでいたところに、エッセイでの飾らない生き方を目にして、驚くのを通り越して一気に惹かれてしまったのです。

弱さを認め、さらけ出せる強さ

エッセイの中では、彼女は自分の弱さをあますところなくさらけ出したり、日々のなんでもないことに心を寄せたりしています。そんなナチュラルな心地よさや優しさに溢れた日常を垣間見るうちに、私はとんでもなく長い間彼女を誤解していたことに気づき、そしてそのギャップに、一気に魂をわしづかみにされてしまった、ようです・・・。

この”Lily”は友人から借りている本なので、次に会うまでに読んでおこう!と読み始めているのですが、実はこの週末にはぴったりの本でした。というのも・・・。

悪いものを排泄して、良いものを取り入れる

先週末は読書と共に、プチファスティングを実行。ずいぶんと臓器を休ませ、腸内フローラを整えることなど積極的にはやってなかったので、ほっとする時間に心と身体のデトックスをしながら、心に癒しのパワーを注入してた、ということになりましょうか。そんな溜まった毒素をOUTさせ、良いものをINさせるプロセスを辿りながら、心密かに石田ゆり子さんのあの自然体な美しさに少しでもあやかりたい・・・そんな気もちがあったことも事実です。

昨日の空はあいにくの曇り空。うすら寒くて、何もしていないと、秋のさみしさに圧倒されそうで。そんな時に、石田ゆり子さんのやさしい言葉たちが心を温めてくれました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!