最近、新しい言葉を学びました。

それが『イヤミス』です。読んで嫌な気分になるミステリーのことだそうで、まさに読んだ後どうにもこうにも気が滅入る小説の1つ、”グロテスク”を先日読みました。

グロテスク 桐野夏生

桐野夏生さんの『グロテスク』

桐野夏生さんには独特の描写、人間の残酷さや狂気をあますところなく展開させる作品が、嫌な気持ちになりつつも読み進めてしまう魅力が潜んでいます。

東電OL殺人事件をモチーフに

20年ほど前の殺人事件ですが、覚えてますか?昼は著名な大手企業のエリートOLは、実は夜はたちんぼをしていて、渋谷区円山町のアパートで殺害された事件です。被害者の、人間の心の闇に衝撃を受けた記憶があります。

この『グロテスク』には、この被害者に似た登場人物がでてくるほか、暗黙の階級社会でのもがき、悪意、生き地獄などが次から次に赤裸々に描かれて。そして20年前のあの事件にも記憶が飛んだりもします。

もっと気もちが上がる本でも、ともおもうのですが・・。秋だから、なのでしょうかね。
人間の心の闇に引きつけられ、今日もイヤミス小説を読みながら、日々夢にまでうなされる店長です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!