外をちょっと歩いただけでも、直射日光が強く肌を指してきて、とっても危険。

日差しの強さと暑さ、じめじめ感もハンパない、夏の日々ですね。

太陽

店長は『唇』に日焼けが、いの一番にでるんです(涙)。

晴天のアスファルトを歩けば、ものの10分で唇には日焼けの痛みとハレが出始めるので、これはいかん!と、最近では外出前には必ずUVカットのリップを塗るようにしていますが、それでも焼けてるような・・・(汗)。リップの保護を突き抜けるほど、日差しがキョーレツ!なのか?はたまた猛暑による大量の汗などで、リップのブロックも取れてしまうのかはわかりませんが、夏の日差しを甘く見てはいけないということですね。

そんな直射日光の被害者になりやすいのが、ジェイドマットです。

先日も、晴天のパークヨガでジェイドマットを使用したらダメになってしまった!とのことで2本目のジェイドに買い換えられた、長年ジェイドをご愛用いただいているお客さまがいらっしゃいました。晴天の夏の日ざしは、ヨガの解放感が高まり最高~っ!なのと反比例するかのように、ジェイドマットには危険なのですね・・(涙)。

『天然ゴム』づかいということもあり、直射日光には弱い”私”。

夏は、パークヨガや山ヨガなど、外ヨガの機会が多いかとは思いますが、『ジェイドマットは、お肌と同じように日差しには弱いんだよ』というジェイドマットの声なき声をぜひお忘れなきよう、夏ヨガをお楽しみください!