普通の食事では不足しがちだと言われる、”オメガ3”

オイルたち

普段わたしたちが口にする”油”には「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」

大きく分けられますよね。前者の「飽和脂肪酸」は、常温だと固まっているタイプの油で、ラードだとかバターなどがこれに当たりますが、一方「不飽和脂肪酸」は常温だと液状の油を指します。サラダ油やごま油などがこれにあたります。

この「不飽和脂肪酸」はさらに「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」に分類

これらをバランスよく取ることが、健康の源といわれているワケですが。
  • ちなみに普段炒め物などに使うサラダ油ごま油は「オメガ6」に分類され、
  • 菜種油オリーブオイルは「オメガ9」に入ります。

一方「オメガ3」DHAやEPAが含まれているアマニ油エゴマ油などに含まれていますが、「オメガ3」はなかなか意識して摂らなければ口に入ることは少ないため不足していること、そして普段使う油が「オメガ6」のものが多いということで、取るべき油のバランスが崩れていると言われています。

店長は普段は、サラダなどのときにもっぱらエゴマ油を使っていました

とはいえ、アマニ油もそうですが、「オメガ3」が含まれている油は一般的に酸化しやすいことから、加熱NG、ドレッシングなどに使う場合にもその日に消費すること、などの難点があることから、使い勝手がちと面倒だったりも・・。知らず知らずにえごま油の使用頻度も減っていたりしますが・・。

その点、加熱につかえるのが、インカインチオイル

インカオイル

実はこのオイル、先日オーガニック・ライフ・東京で出展した際

わたしたちのブースのちょうど前に出展されていたのが、このインカインチオイルの輸入元のアルコイリスさんで、試食などもさせていただき、ためしに購入してきたのがきっかけでした。

インカインチオイルとは

インカインチ(グリーンナッツ)からコールドプレスで圧搾された、体内でEPAやDHAに変換されるα‐リノレン酸が約50%も!含まれているオイル。ビタミンEなども含まれているうえに、なんといってもこのオイル、加熱調理に使えるのがウレシイんです。250度以下の調理のときに5分以下であれば大丈夫だとのことで、ちょっとした炒め料理にはこのオイル、重宝します。

このリーフレットに出ている竹山先生によると、このインカインチオイルは抗酸化力に優れていて、DNAの損傷を抑制するという点でも、えごま油やアマニ油とひけとらないようです。

今回店長が購入したのは、実はこのインカインチオイルではなくて、オメガ6を含むヘンプシードオイルとミックスされた、写真右のチャスキオイル。インカインチの「オメガ3」にヘンプシードオイルを加えることで、「オメガ3」と「オメガ6」をバランスよくそのまま摂ることができるオイルです。「オメガ3」を習慣的にたくさんとって、体質の改善が進んだ段階での「油選び」の1つとしておススメされているようです。必須脂肪酸のバランス調整がその大きな理由です。

何ごともほどほど加減が、いいね。

体内で作ることができない必須脂肪酸の「オメガ3」と「オメガ6」。不足しがちだからといって「オメガ3」ばかりを取っていれば良しということでもなく、「オメガ6」だってそれ相応に必要です。何ごともほどほど加減と、バランスが大切ということですね。

「オメガ3」が足りてないな、と思ったら、普段のお料理用としてをインカインチオイルに変えてみる。「オメガ3」もほどほどにとっているのであれば、チャスキオイルを使ってみる。なんていうオイル選びも、毎日の心地よいライフスタイルにぴったりです。

ちなにみこのチャスキオイルも、加熱料理に使用はもちろん、OKですよ!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Global Yoga Styleは、あなたの心地よいライフスタイルを応援しています!