マットに横になっていて、かかとが出たことはないですか?

かかとが出る↑このくらいだと余裕があって◎ですね!

たとえば。立ちポーズからシャバアサナでいったんお休みするとき

わたしの身長は165cmですが、レギュラータイプのヨガマットの長さは173cm。マットの長さと身長の差は8cmしかないなので、ときどきマットの端からかかとが出てしまいます。頭のほうに大き目にスペースが空いているときがそんなとき。あわてて身体を上に横たえなおします。

なので、ヨガマットの長さを選ぶときには、身長プラス10cm、もしくは15cmは欲しいところ!

165cmの身長であれば、180cmくらいがおススメの長さになります。
JADEマットのなかで一番人気の厚み4.5mmのハーモニーであれば、クレイマットがレギュラーよりちょっと長めの180cm。170cmくらいの身長のヨギーであれば、ハーモニー(ロング)がむしろおススメです。余裕の188cmの長さです!

身長160cmくらいなら・・・。やはり長めのほうがおススメです。大は小を兼ねるんです。
短いとかかとがでるけど、長くて困ることはあまりないはず!

JADEプレミアムセット

GYSでは、3月末までこのハーモニー(ロング)のプレミアムセットをご用意しました。ハーモニープロフェッショナルのロングタイプと、コルクのヨガブロック(L)が2個セットにヨガストラップ1本がプレミアムセットとして10%OFFで登場。プラス!非売品のJADEエコボトルもプレゼントとして付いてきます。

ブロックは1個づかい派と2個づかい派に分かれますが・・

1個づかい派は主に、片側のバランスの補強で使われることが多く、トリコナサナやリバーストリコナサナのときに使ってあげると、体側が気もちよ~く伸びますよね。無理して身体をぐらぐらさせてポーズを取るよりも数倍ポーズから得られる効果も高くなります。

2個づかい派は、ウカタサナなどの両太ももの裏を均等に伸ばしてあげたいときなどや、リストラティブヨガでも同じブロックが2個そろってると便利ですよね。

そしてそれにストラップ(ヨガベルト)があると万全!

ご自身のきもち良いヨガのために。GYSのJADEプレミアムセットをぜひご活用くださいね!