あなたは自分の誕生日を、心から祝えますか?

おめでとう

いつのころから、なのかな。
年が増える『誕生日』を素直に喜ぶことができなくなったのは・・・。

年を重ねるごとに増える『身体の不調』。白髪だって増えてきてるし、しわも増えてる(涙)。
要は年をとることはそういうこと、なんだよなぁってわかっちゃいる。若いときから比べて確実に、細胞も元気も衰えるのが、生物学的にはごく自然のことではあるんだけど、さまざまな衰えをいざ目にすると、正直凹むことも大いにあるものです。
でも、最近は『年を重ねていくこと』が、嫌じゃなくなってきたんです。

その理由の一つが多分、必要以上に “周りと比較しなくなったから”

別の言い方をすると、年をとって、周りの人と比較しなくなった、がイコールなのではなくて、年をとって、そして若いころの自分と比べること、あるいは周りの若い人と比べることが、意味がないことって『割り切れる』ようになったから、ということなんです。
明らかに違う自分を発見して凹んで、気もちが下がって、その先に『あきらめ』がやってくる。
その先には『それも自然のこと、みんなが通る道と受け入れること』を繰り返していくと「これで良いんだ、これで大丈夫」と、今の自分に『納得感』が湧き上がってくるんですね。
すると、昔より体力がないから無理しないで、自分のペースで行こうと思う。

この『割り切り』ができるようになると、もうこっちのもの!です。

ヨガでもよく言いますよね。

「このヨガの時間は自分だけの大切な時間だから、無理しないで、自分のペースでヨガしましょう!」

って。人生もまさにそれ!ヨガは人生の縮図、なんですね。
今日の生活の中で、そしてヨガのときも、今の自分を受け入れて慈しんでいきたい、そんな金曜日です。