最近『できない自分を許せない』こと、ありましたか?

イライラ

完璧をめざそうとするほど、自分が許せなくってイライラしちゃうこと、あります。
ヨガの練習でも、時々陥りやすいんですよね~。

その一方で、「許せない自分」にきづくこと、もヨガの練習の一つだって、ご存知ですか?

許すこと。

これは、ヨーガスートラのヨガ八支則の中の一つ『アヒムサ(非暴力)』に通じています。
『アヒムサ』では暴力的な行動や言葉を使わないように教えていますが、まず相手を「許すこと」がなければ、暴力はなくなりませんよね。

さらには、自分以外の誰かや何かを「許す」より先に、まず自分自身を「許すこと」が一番大切なこと。だって「自分はそれでいいんだ」って許して緩めてあげなければ、他の人へ気もちをつなぐことはなかなかできないものです。

でもイライラしているときには自分を許すことなんて、難しい問題であります。
しまいには「なんて自分はだめなの?」と自分が自分を攻撃しつづけるのが常。

もしそんな自分を発見したら、

「あはっ!わたしってば、自分にイライラしてる~!」

って、いらだっている自分から一歩離れたところからみてはいかがでしょうか。
笑ってみちゃったりできたら、尚ベターですね。
自分を客観視してみると、憑き物がとれたように、イライラしている自分がすっといなくなって、冷静になれたりするんです。

マットをおりた、毎日の日常生活の中では、自分を許せない場面ってヨガの練習をしている以上にあったりするものです。でも、そんな自分も自分だと受け入れることを、ヨガの練習でも日々の中でもやっているんだと思えれば、許せない自分に『気づくこと』は1つの人生の修行で、1つの進歩に繋がっている、とも言えるのでしょうね!