“nap”とは、お昼寝、うたた寝すること。

お昼寝わんこ

“power-nap”という言葉も最近、耳にすることもありますよね?

“power-nap”とは、20分程度の短い仮眠のことで、深く短く眠って昼寝の効果を最大化させたものと言われています。疲れがたまっている人ほど、この短めのお昼寝は効果的なんだとか。

ちなみに、睡眠の極から覚醒の極の方向には、いろいろな段階に分類されているようで

  1. 昏睡状態 (coma)
  2. 非常に深い眠り (very deep sleep)
  3. 軽い睡眠 (light sleep)
  4. うとうと眠気に包まれた状態 (drowsy)
  5. 安静覚醒 (relaxed)
  6. 緊張 (alert)
  7. 高度に緊張している状態 (highly alert)
  8. 躁状態 (mania)

中村完著、身体的修行の理論と心理生理学的機構(p143)より

このなかでもパワーナップは、5のリラックスしている状態になるように働きかけるものです。余談ですが、わがやのまるのお昼寝はパワーナップではなくて、うとうとしている4のdrowsyな状態だから、長時間のお昼寝が必要なんですな・・・。

ヨガにも、横になったシャバアサナの状態でできる『ヨガ・ニードラ』というパワーナップの効果をヨガに応用したヨガもあります。明日はこのヨガーニードラについてフォーカスしていきます。