苦手なポーズに向かっているときの自分を、思い出してみてください

ウィールのポーズ

たとえば店長の苦手なポーズは、コレ!ウィール(ウルドバ・ダヌラアサナ)。ブリッジとも言われているポーズです。背骨の柔軟性が低いこと、肩関節がうまく開いてないこと、などのわたしの身体の面からの制約が原因になっていると考えられるのですが、このポーズの練習をすると思っただけで、身体が固くなります(汗)。

実はこの苦手なポーズに取り組んでいるとき。

『普段の生活での自分の縮図』になっている

と言います。不安にさらされて心が揺れたり、何かを出来ない自分にイラだったり怒ったり、落ち込んだりすることと、まさに一緒というワケです。

それでも私たちヨギ-は、ヨガの練習を通じて学びます。

ものごとは全て、周りの誰かが悪いのではなくて、ヨガとは誰かとの競争ではなくて、全ては自分と対峙すること、だと。

忍耐強く、固い身体と向き合い続けること。
できないポーズに地道に、日々アプローチすること。
深い呼吸で、離れ離れになってしまった心と身体を繋ぎ合わせること。
そして、苦手なポーズを「できない」とあきらめながらポーズをとりあえず行なうのではなくて、『出来ない』という限界を外してみるチャンスを、自分に与えてあげること。

それが全て、私たちのヨガの練習のひとコマひとコマに、描き出されているというのです。
どきっとしますよね!

馴れ合いになりがちな日々の練習で、1つ1つのポーズに精魂込めて練習することがつまりは、私たちがどう生きるか、のウォーミングアップになっていて、人生をより豊かに磨き上げる『場』にもなっていたとは、日々の練習をおろそかにできないなぁと、つくづく感じます。

 

「すべてはヨガのマットの上から。」

マットの上での毎日の練習こそが、より豊かな人生への第一歩。
それをいつも心に刻んで、生活(&練習!)したいと思う今日この頃です。