「ウォーリーアのポーズでは、前足を90度まで曲げましょう!」

ウォリアーシリーズヨガレッスンでインストラクターからそんな言葉をかけられたことがあると思います。

でもこんな風に思ったこと、ありませんか?

「どうしても90度にまで、曲がらないよ!」

そう。90度に膝を曲げるって言うのは、なかなか至難の業なんですよね・・・。90度まで曲げようとすると、脚がぷるぷるしたり、直角に曲げよう曲げようと思っていると “上半身も前のめり” になったりするし、膝が内側に入ってきたりもしやすいものです。

うまくポーズがとれない原因が『腸腰筋』にあることもあります。腸腰筋が十分に開いていないのに無理して前足を90度まで曲げようとすると、後ろ足の足先の安定性が犠牲になりやすいんですね(足の外側が床から離れ て重心が前に移動してしまう)。

ちなみに、腸腰筋ってどこでしょう? 腸腰筋(ちょうようきん)は腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉で、いわゆるインナーマッスルです。コアを鍛えて時間をかけて開いてあげることで、ウォリアーのポーズも安定してできるようになるかもしれません。

人によって身体の柔軟性はもちろん、可動範囲も骨や筋肉のつき具合もちがっているので、もし自分の腸腰筋がうまく開きにくいかもと思ったときには、無理をして前足のひざを90度まで曲げようと頑張りすぎないで、曲げられる範囲のところでウォリアーのポーズをとっていったほうが、このポーズから受けるメリットは高くなりますよ!