妊娠がわかってから、笑顔の日が多いですか?

健やかな赤ちゃん

それとも不安になることが多いですか?赤ちゃんもおなかの中ですくすく育ちながら、ママに会える日を楽しみにしていますよ!

妊娠中は何かと心配ごとがつきないものではありますが、赤ちゃんを授かったときの喜びを思い出しながら、妊婦さんには出来るだけ笑顔の多い日々を送ってもらいたいです。

おなかの赤ちゃんの健やかな成長のためにも。それから出産でもできるだけ安産になるようにと、マタニティヨガをはじめる妊婦さんも沢山いらっしゃいますよね。マタニティヨガは、妊娠中の心と体のサポートにぴったり。とくに、呼吸法をしっかり練習していくことで、出産のときに呼吸をコントロールしやすいと言われていますもんね。

そこで、妊娠しているときのヨガのためのマットの選び方について、どんなところに気をつけたらいいのでしょうか?

まず一番大切になるのが、何といっても『安全性』ですよね!

ポーズによっては、バランスがとりにくいポーズもあるのがヨガですが、妊婦さんは赤ちゃんをおなかに抱えている分、バランスがさらにとりにくくなっていますよね。

普通に歩いているときもバランスを取りにくいので、カンタンなポーズでもなおさらグラグラしちゃすかったり。そんなときに、ポーズをとっているときに、体とマットの接触面とが『滑らない』ことがとても大切になってきますよね。

それから考えたいもう一つのポイントは、できるだけ有害物質でできたものを遠ざけること。できるだけナチュラルな原料で作られた安心なヨガマットが、妊婦さんにはぴったりです。

そんな妊婦さんにも人気のヨガマットが、JADE ハーモニープロフェッショナルのヨガマットです。
再資源可能な天然ゴムでできたヨガマットで、有害物質を含まずにつくられています。

ハーモニープロフェッショナルが特別セール価格に!また、マタニティヨガは、座位のポーズも多いので、クッション性の良し悪しも大きなポイントになりますよね。
その点JADEマットは、小さな気泡をたくさん含ませて作られた独自の『オープンセル構造』でつくられているので、”クッション性”もちゃんとしてるマット。4.5mmの厚さにかかわらず、お尻の底着き感もない んですよ。

出産まではとにかく心地よく、そして安全に過ごしながら、赤ちゃんと会える日を楽しみに過ごしてくださいね!