犬との共同生活が始まって、はや6か月弱

まるさん、8か月!

プライベートの予定にはワンコ中心に考えてしまっている

飼う前には想像がつかなかったこの半年間の日々・・。今やまぎれもなく『犬バカ』ぶりが板についた店長の家の愛犬”まる”も今日で8か月目を迎えました。飼う前は、マンションで本当に飼えるんだろうか、とか暴れワンコに育って手に負えなくなったらどうしようか、とも悩んだものでしたが、案ずるより産むがやすし、とはこのことだと実感です。

ワンコとの外出とはいえ、犬という生き物への偏見?が邪魔をして、いらぬ心配をしたりすること多々あります。たとえば最近のことですが。日の入りが遅いし気温も低めの秋の朝ということもあってか、最近は朝が弱いんです。「おはよう~」ってクレートから出してあげると一度は眠そうに出てきて起るんですが、またクレーとの外で身体を伸ばして寝てしまいます。そんなんだから、なんでしょうね。朝ご飯も食べたがらなくって、痩せてしまわないか心配になったりも・・・。

そこで、フィラリアのお薬をもらいに動物病院に連れて行ったときに、先生に聞いてみたんです。

すると、

「朝に弱いワンコ、最近結構いますね・・・」

ですって!うちのワンコだけじゃなかったんだ!!と半ばうれしくなり、でもちょっと複雑。室内飼いしているから、いまどきのワンコって、より人間化しているのでしょうかね?!

わたしは小さいころ、雑種のわんこを室外で飼っていたんです。そのコは朝は暗いうちからでもお散歩というと、ルンルン♪と喜んでお散歩にいってましたし、散歩後だからお腹もすくんでしょうね。朝ごはんも喜んで食べていたのを覚えているんですよ。なので、犬って朝はお散歩に行きたくて騒ぐものかと思い込んでいたのですが、まるの場合は、騒ぎもしない。わたしが起こさなければずっと寝てそうな雰囲気・・・。何時まで寝てるものなのか、起こさないでおいてみようかな(笑)。

これは、夜ご飯後のお休みタイムにて・・。

まるすけ店長たちが夕食のときには、わたしたちがゆっくり夕食をとりたいこともあり、柵をしてまるはリビングのテーブルエリアからは隔離されるんです。すると夕食が終わるまでちょっと寝ておくか、とでも言うようにお休みタイムに。なぜかベッドからカラダを半分はみ出して寝る、こんな半寝が最近のブーム。