僕の”デブの原因”は、大好きなカレーだった

カツカレー

先日、松野恵介さんというコンサルタントのメールマガジンを読んでいたら、こんな言葉が目に入りました。
なんでも3日続けてカレーを食べたら、体重が太ったんだそうな。
正直、「カレーで太るんだ!」というのが新鮮な驚きでした。(カツカレーなら太りそうだけど・・・。)

というのも、最近わたしも体重が増えたり減ったりしているんです。

何が原因で体重が増えたり減ったりするのか、すごく興味深々。
そしてわかったのは、人によって、体重増になるものって違うんだ!ということ。

実は、この2年くらいで体重が15kg減りました。

よく「何をやったの?」と聞かれます。でもやったことと言ったら、”食事を変えたこと”くらいなんです。
マクロビオティック(穀菜食)をベースに、動物性の食物を控えていたためか、はたまた痩せる前が人生で一、二を争うくらいのMAX体重だったためか、『15kg』という激減に繋がったようです・・・。その後は「もう少し太りたいな」と思いながらも、なかなか体重が増えなかったんですね。

でもあるとき、スイーツや動物性のタンパク質など、普段あまり口にしないものを食する機会が目白押しの時期かがあり「せっかくだから無駄にするのも勿体ない。」と、感謝しながらいただき、そこで一度マクロビ食をゆるめたんですね。そうしたら!堰を切ったように食欲があふれ出てきて、食べても食べても止まらない!胃腸が弱かったはずなのに、なぜか大食漢に変わっていたんです・・。

朝の10時になれば、チョコが欲しくてイライラ・・・。

1個食べるとそれが呼び水になって、もう1個、もう1個と続くんです。さらにランチの後もちっちゃいスイーツを欲し、15時ごろにはまた間食したくてそわそわ。夕食後にも甘いものを食べずしていられない・・・。そんな毎日を過ごしていたら、3週間ほどで4kg増。あっという間の出来事でした。

そこで気づいたのは、わたしの体重増になる原因は、

『肉』『乳製品』そして『スイーツなどの間食』の3連発。

いわゆる『動物性の脂肪』と『砂糖たっぷりお菓子』の大量摂取の繰り返しが、どうやら鍵になるらしいのです。とはいえ、これはわたしだけに限らず、周りの人たちの話を聞くうちに、この3つのいずれかを”沢山摂った”時期に太ったという話を耳にするのです。

そこで、3つのデブの元をセーブすることに専念したら・・・

異常な食欲は収まりました。その過程で胃腸がトーンダウンしてしまったこともありますが・・・。最近ではやっと、間食も少なくなり、以前のマクロビ食に近い食生活に戻ってきています。そして昨日の夜に体重計に乗ったら、さらなる体重増には発展しておらず、日々0.5kgくらいずつの減と増のなかで安定しているところです。

人によって嗜好も異なり、生活習慣も違うので、どこに『デブ源』が潜んでいるのかは、自分の食生活をよく振り返ってみないと見えてこないですよね。
でも『自分のデブ源を把握すること』それこそが体重や脂肪のコントロールだけでなくて、健康管理のカギになることは、間違いないですよ!