みんなヨガマットの長さは、どんな風に選んでいるんだろう?

そんな風に思われたことって、きっと1度はあるのではないでしょうか?
そうなんです。よくいただくご質問の1つが、ヨガマットの長さについてお悩みですね。
たとえば先日いただいたご質問が、

「わたしは身長158cmですが、レギュラーマットで大丈夫ですよね?」

というもの。Global Yoga Styleで取り扱っているJADEヨガマットのレギュラータイプは、長さが173cm
他のブランドの一般的なヨガマットと同じ長さです。

ヨガマットの長さ選び方

一般的にマットの長さを選ぶ基準の1つに「身長」がありますね。特に『シャバアサナのときに、かかとがでないこと』って、yogaする人にとって前提条件として大切なポイントに。なので、マット選びの条件には『身長より長めのマットであること』がまずありますよね。

このお客さまの場合、身長が158cmということなので、長さが173cmのレギュラータイプのマットなら身体がすっぽり横たえられるので十分ではあるんですね。
たとえば、厚みが4.5mmの一番人気のハーモニープロフェッショナルなら、ハーモニーのレギュラータイプでOKだと思います。男性の方で身長が170cmを超える方などでしたら、ロングタイプがおススメです。

ただ、ときどき身長よりももっともっと長めのマットを選ばれる方もいらっしゃるんです。たとえば、アシュタンガヨガをやっている方なんかですと、長めを好まれる傾向があります。ヨガのなかでも動きが激しいヨガのタイプに属するアシュタンガヨガでは、マットの前・後ろへの動き幅が大きくある分、長さ的に余裕があったほうが、より練習に集中できて安心できる、ということなんですね。

ちなみに私は身長165cmで、普段の練習ではレギュラータイプのヨガマットを使っています。もちろん173cmのレギュラーで十分ではあるのですが、【173cm – 身長(165cm)】でその差が約8cmくらい。8cmって微妙な長さで大きな余裕でもなく、かといってすごく小さいかという長さでもない・・。

でもシャバアサナのときに、頭の上のスパースを余計とって横たわると、かかとが出ちゃうこともしばしばあるんですね。正直、「余裕をもった長さがほしいな」と思うこともあります。

あとはお好みですね。大は小を兼ねるとも。
ゆっくりと悩んでくださいね!

マット選びで迷ったら、いつでもこちらからどうぞ!
ご質問お待ちしています。